徹底美白のスキンケアをするならこの成分に注目!

色白は七難隠すと言いますが、気をつけていたのにいつの間にか日に焼けてる!

大きなシミができてる…なんて落ち込んでいる人は結構いるのではないでしょうか。

紫外線や空気汚染、添加物など、肌の透明感を失わせる原因はたくさん。

よほど気をつけていなければ、肌はどよんとくすんだ老け顔になってしまいます。

そこで徹底美白をするためのスキンケアについて、注目されている成分について調べてまとめました。

日に焼けてしまって悩んでいる人や美白ケアに満足のいかない人のご参考にしていただければと思います。

シミやくすみを防ぐメラニン対策のできるオススメの成分

アルブチン

肌を白くする高い効果を持つハイドロキノンの誘導体と言われる成分です。

アルファ型はハイドロキノンを元に生成された人工成分と、コケモモやウワウルシなどの植物由来から生成されたのがベータ型の2種類で、ハイドロキノンよりも刺激が少ないのが特徴です。

メラニン色素を生成する酵素の働きを抑制して、シミを作らせない予防の美白効果があります。

一般的なスキンケア製品に含まれる程度の配合であれば副作用の心配はありません。

トラネキサム酸

アミノ酸の一種で厚生労働省からも美白効果があると認可された成分です。

シミの元となるメラニン色素の生成を抑制するため、肝斑、そばかす、シミ、傷跡の色素沈着などに効果があります。

美白ケアのサプリなどに含まれた場合、血液を凝固しやすくするため、脳梗塞や心筋梗塞などのリスクがある人は注意が必要です。

また、妊娠中、授乳中の人は化粧品であっても医師に相談するようにしましょう。

既にできたシミやくすみのメラニンを改善するオススメの成分

ビタミンC誘導体

壊れやすく肌に届けにくいビタミンCを安定化させた成分で体内に入ってからビタミンCに変わります。

シミとなったメラニン色素の改善をし、さらにメラニンの生成も抑制するなど、徹底した美白作用のある成分です。

また、活性酸素を抑える作用があるため、肌のくすみにも働きかけ、透明感のある肌に導きます。

ハイドロキノン

メラニン色素を生成するチロシナーゼの働きを阻害しながら、さらに黒くなったメラニン色素を白く還元する作用を持つ優れた成分です。

紫外線によってできたシミ、ニキビ跡などの色素沈着、肝斑などに効果があり、徹底美白ケアには欠かせないほど高い効果がある注目の成分です。

ただし、刺激がとても強く、炎症や赤みが出る人もいるので利用する際には肌の様子と相談することが大切です。

徹底美白ケアをするなら成分と配合量と品質に注目!

今回ご紹介した成分は、美白ケアには欠かせない注目の成分です。

毎日のスキンケアで肌に浸透させると、シミやくすみの悩みに働きかけて、白くて透明感のある肌をもたらしてくれるでしょう。

美白ケアのできるスキンケアアイテムは数多くあります。

しかし、美白効果のある成分が配合されていても、配合量やその成分の品質によっては確実な効果を得られないことも。

これらの成分がどのように配合されているか、またどれくらいの量が含まれているかをよくチェックして選んでください。